シングルセル解析プラットフォーム
  10×GENOMICS  Chromium コントローラー
       設置 : 2021年3月

  

  Chromiumコントローラーについて
  利用形態
  貸出し期間
  利用対象者
  費用
  利用の流れ
    <申込方法>
    <支援センターで貸し出し可能な周辺機器>
    <支援センター設置機器>
  注意事項
  トラブルシューティング

  Chromiumコントローラーについて

  •  NGSライブラリーを作成するためのシングルセル解析プラットフォーム。
    マイクロ流路を用いたエマルジョン作成技術と分子バーコード(細胞バーコード)を組み合わせることで、ハイスループットなシングルセル解析が可能。

  利用形態:  貸出し

  •  各研究室で、必要なキット・試薬・消耗品をご準備いただき、Chromiumコントローラーを使用したサンプル調製を行っていただきます。キット・試薬類は非常に高額です(100万円~)。実験内容を10×Genomic社担当者様および支援センタースタッフと打ち合わせした後に購入してください。
  • https://www.scrum-net.co.jp/product/list/singlecell-ngs/chromium/reagents-consumables
  •  ※次世代シーケンシングおよびデータ解析のサポートは行っておりません。

  貸出し期間:  実験日(最大3日間)+装置の移送日

  •   機器予約システムで予約していただきます。

  利用対象者:  利用登録申請済みで、下記の利用条件①~④を完了した方(学内限定)

  •   ~利用条件~
     ①テクニカルセミナー(録画)の視聴
     ②トレーニングの修了
     ※トレーニングは年に1、2回の開催予定です。(開催回数が限られているため、未修了者の方でも、同分野内のトレーニング修了者の方に指導と立ち合いをしていただける場合は利用可能です。)
     ※トレーニングは、トレーニングキットを用いて、Chromiumコントローラーでエマルジョンを作るステップを実施します。
     ③試薬購入前に10×Genomics社担当者様との打ち合わせ
     ➃支援センタースタッフとの貸出しについての打ち合わせ

  費用:  50,000円/回

  •   申込書に基づき、月末締めで、毎月医系学部等財務課経理第一係より、予算の振替処理をいたします。
    部局等運営経費・科学研究費補助金・受託研究費・共同研究費・寄附金等からのお支払になります。

  利用の流れ

  •  <申込方法>
    1.支援センターへの連絡
      内線:6602(馬出キャンパス以外91-6602)
      メール:kikicenter@med.kyushu-u.ac.jp
      以下を確認します。
      (1) 実験内容
      (2) 実験日程
      (3) 利用条件①~➃の説明
     ↓
    2.利用条件①~➃の実施
      キットの注文・必要試薬や周辺機器の準備(キットの納入に1ヶ月程度かかります)
      ウェブ予約
      ※実験日が決まったらお早目に支援センターにメールまたは内線でご連絡の上、ウェブ予約をしてください。
     ↓
    3.申込書の提出
      場所:教育・研究支援センター(馬出地区医学研究院基礎研究A棟2階西側)
      URL: http://www.supportcenter.med.kyushu-u.ac.jp/access.html
      受付日時:月曜日~金曜日(祝日は除く)11:00~12:00、13:00~15:00
      申請書はこちら
     ↓
    4.機器の貸出し
      ※Chromium機器のコントローラーの輸送(設置と梱包を含む)は正晃株式会社の方にご協力いただきます。

    <支援センターで貸出し可能な周辺機器>
    ①PCR装置(Eppendorf社 Mastercycler X50s)
    ②卓上型遠心機ぷちはち(8連チューブ遠心用)
    ③ボルテックス(Vortex Genie 2)

    <支援センター設置機器>
    4150Tape Station
    ※試薬・消耗品は各自でご購入いただきます。
    ※事前に講習が必要です。
    ※機器予約システムでの予約が必要な装置です。

  注意事項:

  •   Chromiumコントローラーと周辺機器➀PCR装置の開梱や梱包は、代理店の担当の方にご協力いただきますが、利用者が必ず立ち会うようにしてください
  •   Chromiumコントローラーは、振動を与える機器から30㎝以上離した場所に設置してください。
    (特にVortexとは同じテーブルに載せないでください。)
  •   Chromiumコントローラーは高額な装置です。取り扱いには細心の注意を払い、装置を傾けたり衝撃を与えたりしないでください。
  •   周辺機器➀PCR装置は消費電力が850Wの機器であるため、必ずコンセントを単独でご使用ください。
  •   利用者の不注意による故障が明らかな場合は、修理費用を所属分野でご負担いただきます。

  トラブルシューティング:

  •   テストチップでのテストランの不具合  
    Gasketエラー → Gasketに埃や傷がないか確認し再度実施         
                        → アクセサリーキットの予備のGasketと交換 → 再度実施  
    その他のエラー → USBメモリを挿し、エラー番号を保存 →「トラブル時の連絡先」に連絡
  •  
  •   装置の不具合 → プロトコールのトラブルシューティングに従う → 改善しない場合は「トラブル時の連絡先」に連絡

  •   GEMs(シングルセル液滴)の形成不良の発生 → 写真を撮り、プロトコールのトラブルシューティングに従う
     ※GEMsの形成の良し悪しに関わらず、必ず写真を撮ってください。

    GEMsの形成不良時の試薬補填の手続きは、各自で行っていただきます。
    ~キットの補填に必要なもの~
    ・使用したチップキットとライブラリー&ゲルビーズキットのロット番号(使用期限内のもの)
    ・GEMs形成不良を示す写真(チューブ内の様子が見えるように、背景は黒などの濃い色)

    ※解決したトラブルであっても、必ず支援センターに報告してください。
     「Chromiumコントローラー返却時チェックリスト」にも必ず詳細をご記載ください。

<トラブル時の連絡先>
・10×Genomics社 松山様
 TEL:090-7809-8278 メール:haruyo.matsuyama@10xgenomics.com

担当者とつながらない場合には、以下の連絡先までお問い合わせください。
・株式会社スクラム メール:10xgenomics@scrum-net.co.jp
・10×Genomics社テクニカルサポート メール:support@10xgenomics.com

<トラブルの報告先>
・医学研究院附属教育・研究支援センター
 TEL:092-642-6602 メール:kikicenter@med.kyushu-u.ac.jp

<代理店> 
・正晃株式会社
   TEL:092-611-8131 メール:fukuoka1@seikonet.jp  
 
※上記すべてについて
 電話対応可能時間帯:平日9:00~17:00
(コロナウィルス感染拡大の状況により、変更する場合があります)



Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.